スポンサーリンク

沖縄とハワイどっちがいい?|快適さの比較

沖縄とハワイどっちが快適?

ハイサイ!そしてaloha♪

Market Fit沖縄の上原です。

沖縄県で、企業戦略会社を経営してます。

ハワイと沖縄は「どっちが快適」?

そう聞かれたら、どう答えますか?

今回は、「過ごしやすさ」の違いを、ゆる~く比較してみました。

沖縄とハワイの「過ごしやすさ」がわかる

「快適さ」を知ることは、その環境での「過ごしやすさ」がわかります。

また、暑い場所好きな人がいれば、寒い場所が好きな人がいるように、「過ごしやすさ」も、人によって違います。

さらに、どこまでの暑さなら許せるなどの、度合いも人によって違うものです。

今回は、比較とその違いは解説するものの、「どっちが良い」という結論付けは、皆様にお任せしたいと思います。

この記事で、自分にあった過ごしやすい場所を見つけてもらえると嬉しいです。

「快適さ」の5つの比較方法

沖縄とハワイ「どっちが快適?」の検証方法は大きく5つです。

「どっちが快適?」の検証方法
  • ①どっちが移動しやすい?
  • ②どっちが日焼けする?
  • ③どっちが心地よい?
  • ④どっちが安全?
  • ⑤どっちが暑い?

それではまいりましょう!

1.どっちが移動しやすい?

今回、移動のしやすさは、次の2つのポイントで比べてみました。

1つは、「島内の移動のしやすさ」です。

もう1つは、「観光の中心都市から離島への移動のしやすさ」。

「観光中心地」での移動

島内の移動のしやすさは、「島全体の面積」で検証します!

面積は、ハワイ州が約16,634㎢沖縄県が約2,281㎢となります。

ハワイと沖縄の面積の比較

ハワイの面積は、沖縄の約7.2倍です。全然大きさが違いますね。

ちなみに、身近な面積で例えると、沖縄県は、東京都と同じくらい(約2,188㎢)、ハワイは栃木、群馬、埼玉の3県を足した大きさくらいです(16,568㎢)。

ですので、島内の移動がしやすいのは、面積が小さい「沖です。

「観光中心地から離島」への移動

次に、観光の中心都市から、離島への移動のしやすさについてです。

沖縄県の場合は、観光の中心地を「那覇市」、主要離島を「宮古島」と「石垣島」とします。

位置関係は図の通りです。

那覇と宮古島と石垣島の位置関係

まず那覇から石垣島までの、飛行機での移動時間は約55分です。

那覇から石垣島まで飛行機で約55分

続いて、那覇から宮古島までの、飛行時間は約50分となります。

那覇から宮古島まで飛行機で約50分

一方ハワイ州は、中心都市にある空港は、ホノルル空港(マウイ島)です。

主要な離島は、カウアイ島(リフエ空港)とハワイ島(ヒロ空港とコナ空港)となります。

位置関係は次の通りです。

ハワイの島々の位置関係

まず、ホノルル空港からカウアイ島までの、飛行機での移動時間は約37分、ハワイ島(コナ空港)まで約45分です。

ホノルルからコナまで約45分

よって若干でありますが、ハワイが主要都市から離島への移動がしやすいことがわかります。

ちなみに、身近な移動時間で比較すると、東京スカイツリーのある押上駅から、羽田空港までは電車で約47分です。

交通は、観光の中心地以外は要注意!

移動しやすさの違いは、観光地の交通事情によっても異なります。

那覇市内やホノルル市街地のような、観光の中心地内の移動は、交通網が発達しているので特に困りません。

沖縄都市モノレール
沖縄都市モノレール

一方、沖縄の西表島や、伊是名島などの離島や、ハワイのハレアカラ国立公園などの自然保護区域は、交通手段も少なくなるので、十分な注意が必要です。

ハワイの大自然を走るレンタカー

事前に現地の交通手段を確認しましょう。

【結果】どっちが移動しやすい?

島内を移動しやすいのは沖縄
島から島へ移動しやすいのは、ハワイ
・移動しやすさの違いは、観光スポットの交通事情によっても変わる

事前に現地の交通手段を確認しよう!

2.どっちが日焼けする?

次は、日焼けのしやすさについてです。

日焼けのしやすさは、紫外線の強さが影響します。

沖縄とハワイの紫外線比較

そこで今回、紫外線の強さを指標化した「UVインデックス」の数値を比べてみました。

結果は、次の通りです。

沖縄は、紫外線の強さの年間平均値が7に対し、ハワイ(ホノルル)は10です。

沖縄とハワイの紫外線量

ハワイの紫外線量は、沖縄より+3ポイントも高い結果となりました。

各月で比較してみても、ハワイは紫外線の数値は沖縄より高いです。

よって比較的日焼けしやすいのは「ハワイ」であることがわかります。

ちなみに、紫外線量の違いは、「緯度」や「天候」も影響します。

「緯度」は低いほど、日照時間が増えるため、紫外線の量も多くなります。

沖縄とハワイの緯度の比較

天候は晴れると、日光を直接受けるため、紫外線量が多くなります。

ハワイは比較的晴れの日が多いですが、カウアイの東部ですと、曇りや雨の日も多いため、ホノルルより紫外線量は減少します。

日焼けしたくない人は、サングラスや、日焼け止めなど、きちんと紫外線対策をしよう!

【結果】どっちが日焼けする?

・比較的日焼けしやすいのは、ハワイ
・その紫外線(UVインデックス値)は、沖縄より3ポイント高い。
・紫外線量の違いは、緯度と天候にある

日焼けしたくない人は、紫外線対策しよう!

晴れた日の沖縄
晴れた日の沖縄

UVインデックスの数値と、紫外線対策方法については、国土交通省ホームページをご覧ください。

3.どっちが心地よい?

次は、心地よさについてです。

身体的な心地よさは、湿度が関係します。

そこで湿度の違いから、心地よさについて比較検証してみました。

結果は次の通りです。

沖縄とハワイの月別の湿度比較

沖縄は、湿度の年間平均が74%です。

6月から8月にかけて80%を超える高い時期があります。

一方ハワイは、湿度の年間平均が63%です。

沖縄よりも年間平均湿度が11%も低いことがわかりました。

ハワイは、通年大きく変わりませんが、夏場がやや低い傾向です。

よって、比較的心地よいのは、ハワイです。

【結果】どっちが心地よい?

・比較的心地よいのは、ハワイ
心地よさの違いは、湿度の低さにある
・年間平均湿度は63%。沖縄より11%も低い

ハワイは行く場所によって、湿度も気温も変わるので注意しよう。

4.どっちが安全?

次は、安全性についてです。

安全性については、犯罪件数から違いを検証します。

結果は次の通りです。

沖縄とハワイの犯罪件数比較

2018年の犯罪件数は、沖縄は6,878件ハワイは44,304件

ハワイは沖縄の約6.4倍の犯罪件数です。

よって、比較的安全なのは沖縄です。

日本国内は、世界でも有数の犯罪件数の少なさですので、少し比較するのもどうかというところもあります。

ハワイだけではなくですが、旅行を楽しむのには、車上狙いや、ひったくりなど、最低限の防犯意識を心がけましょう!

【結果】どっちが安全?

比較的安全なのは、沖縄
・ハワイの犯罪件数は、沖縄の約6.4倍
・日本の犯罪率は、世界と比べてとても低い。

ちなみに、ハワイと沖縄の「人口一人当たり」や、「観光客一人当たり」でも比較をしようと思ったのですが、人口は約145万人、観光客数は1,000万人前後で、どちらも違いが少なく、同じ結果が見えたため、省きました。

ハワイへの渡航は、違う国に行くということをあらためて認識し、安全な旅行を心がけよう!

5.どっちが暑い?

次は、暑さについてです。

暑さの比較は、どこでもあるので、さらっと流します。

結果は次の通りです。

沖縄とハワイの月別気温比較

沖縄は、気温の年間平均が23℃です

一方ハワイは、気温の年間平均が25℃です。

よって、比較的暑いのは、ハワイです。

夏場は、若干沖縄が逆転する月もあるため、暑さが苦手な人はご注意を!

【結果】どっちが暑い?

比較的暑いのは、ハワイ
・その平均気温は、沖縄より約2℃高い
・ハワイは年間を通して温暖

暑さも込みで南国の楽しみの一つ。

熱中症対策で、アツイ旅行にしよう!

まとめ|どっちが快適?

「沖縄vsハワイ」どっちが快適の、検証のまとめは、下記の通りです。

検証結果

・移動がしやすいのは、沖縄
・お肌に優しいのは、沖縄
・心地よいのは、ハワイ
・安全なのは、沖縄
・暑いのは、ハワイ

あとは、みなさんが旅行でどこまでの快適さを求める(許容できるか)かでご判断できるのではないでしょうか。

いかがでしたでしょうか?

若干沖縄が優位のように見えますが、そんなことないです。

その証拠に、最新の旅行客数でいうと、ハワイが人気です。

≫沖縄とハワイどっちが人気?

観光客は、快適さだけを求めて旅行しないという表れかと思います。

私もハワイ大好きで、次の旅行を検討中です。

それではまとめに入りましょう!

【まとめ】どっちが快適?

・どっちが快適かは、人によって違う

他の「比較記事」あります

沖縄とハワイについては、他にも別の方法で比較した記事があります。

もし興味があれば他のものもご覧ください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Market Fit沖縄では、今後も皆様が楽しめるコンテンツを日々発信していきます。

もっと良い記事作るよう頑張ります。

もし疑問や質問などありましたら、ツイッターかFacebookからいただけると、うれしいです。

ツイッターとフェイスブックはコチラです。

スポンサーリンク