シャットダウンビジュアルとは?

シャットダウンビジュアルとは?

シャットダウンビジュアルとは、「一日の仕事の終わりを脳に伝えるサインのこと」です。

不安感が減らし、就寝中の脳をリラックスさせる効果があります。

なぜシャットダウンビジュアルが必要なのか?

シャットダウンビジュアルが必要な理由は、人は心配ごとがあると、思考が収まらず、ずっと頭の中で気にしてしまうからです。

つまり脳が就寝中もリラックスしていない状態になるのです。

あなたも下記に似たような経験で、寝付きが悪かった、寝れなかったことはないでしょうか?

  • 翌日の会議のプレゼンや大事な面接
  • クレーム対応
  • 失恋など

このような心配事があると、本来リラックスしているはずの就寝中も、脳が活発に動き続けてしまうという問題が発生します。

就寝中に脳が動き続けると、疲労回復を十分に行うことができません。

結果、起床後の集中力や注意力などが低下し、生産性を下げてしまうのです。

人は、就寝中に脳をリラックスさせることで、脳機能を回復させ、起床後(翌日)の集中力を高めることができます。

就寝中に脳をリラックスさせるためには、「今日の仕事は終わったんだ」というサインを伝える必要があります。

これが「シャットダウンビジュアル」です。

シャットダウンビジュアルの方法

シャットダウンビジュアルの方法は、一日の仕事の終わりに、翌日の予定を書き出すことです。

予定を書き出すことで、思考を外に出すことができ、脳がリラックスしやすくなります。

明日の計画を立てることで、一日の仕事が終わったというサインを脳に送ることができるのです。

不安なことなどがある場合は、思いつく具体的な対応策まで書き留めておくと効果的です。

シャットダウンビジュアルとは、一日の終わりに翌日の予定を立てることです。

そうすることにより、就寝中の脳をリラックスさせ、疲労回復を助けることができます。

結果、翌日の生産性を高めることができるのです。

シャットダウンビジュアル(まとめ)

シャットダウンビジュアルとは
  • 一日の終わりを脳に伝えるサイン
  • 方法は翌日の予定を立てること
  • 就寝中の脳の疲労回復を助ける

翌日の生産性を高めることができます

あなたの習慣に取り入れてみては?