習慣化できない理由は「アレ」

習慣化できないと、不安を抱える

習慣化力とは「続ける力」のことを言います。

続ける力がないと、目標達成することが難しいです。

その理由は、次の通りです。

  • 成功のコツがつかめない
  • 同じ失敗を繰り返す
  • 成果が出る努力量まで続けられない

習慣化力がない人ほど、成功体験が少なく、自分の将来に不安を感じやすくなります。

習慣化できない人ほど不安を感じる

そこで今回は、習慣化できない理由について解説していきます。

目次
  1. 習慣化できない理由
  2. 習慣化できない人の特長
  3. 習慣化できないを「できる」に変える方法

できない理由がわかることで、できる方法が見つかるはずです。

ではいきましょ!

1.習慣化できない理由

習慣化できない理由教わらないから

習慣化できない理由、それは「学校で教わらないから」です。

「秋の読書習慣」、「運動を習慣化しよう」、「継続は力なり」などはよく聞くことはあります。

しかしどうやって習慣化できるようになるのか、そのメカニズムや手法については、誰も教えてくれません。

習慣化は、意識しないと手に入りにくいものです。

このページをご覧になっているあなたも、目標があり、目に見える「成果が欲しいと感じている」のではないでしょうか?

習慣化を学ぶ人は、挑戦者である証拠

習慣化を学びたいと思っている人は、これまで成し遂げたことのないことに挑戦しようとしている人です。

では、どうやって習慣化力は手に入れることができるのでしょうか?

2.習慣化できない人の特長

習慣化できない人の特徴

習慣化できない人の特徴として、次のようなものがあります。

習慣化できない人の特徴
  1. 目的とメリットが不明確
  2. 行動力が低い
  3. スケジューリングが下手
  4. 記録していない
  5. 仕組みにしてない

習慣化が難しい理由は、複数のスキルが同時に必要になるからです。

1つでも欠けると、続けることができなくなってしまいます。

それぞれ詳しく解説します。

1)目的とメリットが不明確

目的とメリットが不明確だと、甘い誘惑に負けやすくなります。

目的とメリットが不明確

人はメリットを得られやすいものものを求める性質があるからです。

特に、ダイエット中に甘いものを食べる、勉強したいけどゲームをする、至急な仕事より楽な仕事を優先するなど、すぐに手に入れられるメリットには目がありません。

一方、目標が高いほど、やることが多くなり、メリットを得るのにも時間がかかります。

小さなステップ目標作り

なので、できるだけ大きな目標を達成するための、小さなステップ目標を作り、達成したときのメリットを感じやすくする必要があるのです。

このように、目的とメリットを明確にすることで、誘惑に負けにくくするのです。

2)行動力が低い

行動力が低い

行動力が低いと、正しい方法に気づけません。

正しい方法は、行動し続けることによって生まれる改善でもたらせるからです。

「今日ジョギングする」、「一日甘いものを控える」など、その日だけの単発の行動だけだと、特に行動力が低くくても問題ないかもしれません。

一方、目標が高いほど、やることも増え、時間もかかります。

行動し続け品質やスピードが向上する

行動し続けている中で、手法の改善がうまれ、品質やスピードが向上するのです。

このように、行動力が高いほど、正しい方法へ気づき、結果が出やすくなります。

3)スケジューリングが下手

スケジューリングが下手

スケジューリングが下手な人は、計画倒れで挫折します。

挫折する理由は、スケジュールの中に、予備の時間(日程)が織り込まれていないことです。

予備の時間は、下記のようなイレギュラーに備えるために必要です。

  • やらなくては行けないことが増えた
  • 急を要する仕事が入ってくる
  • 想定より時間がかかっている
  • 体調が悪く、集中できない

特に初めての挑戦は、イレギュラーがつきものです。

スケジューリングが下手な人は、変更になったことを、失敗したと勘違いをし、自暴自棄になりがちです。

そしてやめてしまうのです。

一方で、スケジューリングが上手な人は、予備の時間をうまくスケジュールに取り入れています。

イレギュラーを予測する

予備の時間を設けることで、万が一イレギュラーが発生しても、柔軟に対応できるのです。

このように、想定外が起きることを前提とした、スケジューリングが必要なのです。

4)記録していない

記録していない

行動や、進捗を記録していない人は、時間の無駄と、不安を感じやすくなります。

例えるなら、旅行先で、Googleマップや案内板を見ずに目的地を目指すようなものです。

道を迷ったり、いつゴールに着けるかかわからない不安を感じます。

不安という感情は、行動にブレーキをかけることもあります。

つまり、無駄な時間と労力を使うことになる可能性があるのです。

行動や、進捗を記録することで、現在の自分の立ち位置と、目標までの差を把握することができます。

  • 締切日まであと何日か?
  • 進捗は●%か?
  • 残りどのくらいか?
  • 納期に間に合うのか?
  • 残予算はどのくらいか(仕事の場合)

進捗や成果が近づいてくるのがわかると、やる気も上昇し、より行動量も増加します。

行動や進捗を記録は時間を削減できる

このように、行動や進捗を記録することは、感情の安定と、無駄な時間の削減につながるのです。

5)気合いに頼らない

気合いで乗り切ろうとする人は、一日中タスクで埋め尽くしたり、徹夜で追い込んだりしがちです。

一時的には効果があるかもしれませんが、いつか限界が来て、ミスが増えたり、スケジューリングがうまく行かず、挫折してしまいます。

気合いに頼るとスピード効率が下がる

気合いに頼ると、スピード効率が下がります。

なぜならば効率は、気合い(モチベーション)によって左右されるからです。

モチベーションが高いと、効率が上がることも事実です。

しかし、低いとどうでしょうか?

モチベーションにたよらない

体調や環境が悪い状態になると、モチベーションも下がり、結果的に効率は下がります。

スピード効率は、改善と仕組み化を繰り返すことで、高い水準で一定に保つことができます。

気合いに頼らないようにするためには、「通勤中にはスマホで読書をする」や、「朝起きたらすぐに筋トレする」など、日常の行動とセットにすると効果的です。

通勤中にはスマホで読書

つまり、日常に組み込むことで、続ける仕組み作りをするのです。

3.習慣化できないを「できる」に!

習慣化できない理由を5つ紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

習慣化できるようにする方法をまとめるとこんな感じです。

習慣化できるようにするには
  1. 小さなステップ目標を作る
  2. 行動量を増やす
  3. スケジューリングは余裕を設ける
  4. 行動や成果を記録する
  5. 日常に仕組み化する

このように、できない理由が明確になると、対処方法が明確になります。

楽に習慣化力をつけるには、自分の苦手ポイントを知ることなんです。

習慣化できるようにするには?

ぜひ、あなたの習慣化力を確かめてみてください

ここまで、習慣化のポイントについて説明してきました。

後は苦手克服に向けて取り組むだけです。

さらに習慣化について知りたい人のために、習慣化がわかる3つのオススメ記事を用意しています。

興味のあるものからどうぞ!

習慣化がわかるオススメ記事

●メリットを知り、総取りしよう
習慣化のメリットがスゴイ!

●科学から、理性と本能の戦いを知ろう
習慣化×脳のメカニズム

●ルールを知り、思考と行動を簡単にしよう
習慣化する5つのシンプルルール