スポンサーリンク

【必見!】ディスプレイ広告の学習術

Market Fit沖縄の上原です。

沖縄で、企業戦略会社を経営しています。

『Google 広告「ディスプレイ広告」認定資格』に合格しました。

今回は、その学習方法についてです。

はじめましての方は、「【必見!】ディスプレイ広告認定資格のススメ」の内容について記載してます。

まずはこちらからどうぞ!

【テクニック】Google「ディスプレイ広告」を学習せよ!

本章では、高速学習の手順と、内容をお伝えします。

ポイントは、大きく4つです。

高速学習のステップ
  • ステップ1
    事前準備

    ゴールまでの道筋を立てる

  • ステップ2
    体系学習

    全体を抑えつつ、詳細を理解していく

  • ステップ3
    テストを受講

    不明点を洗い出す

  • ステップ4
    振り返り学習

    不明点を理解する

資格取得を目指す学習のセオリーは、「テストや問題集を解く」ことから始めるのですが、体得学習のセオリーは、「学習」から始めるです。

【手順1】事前準備

事前準備で最も重要なことは、「なりたい自分を明確にすること」です。

高速学習のステップ
  • ステップ1
    事前準備←今ココ

    ゴールまでの道筋を立てる

    • なりたい自分(ゴール)を設定する
    • システムの機能を理解し、全体を掴み道筋を立てる
  • ステップ2
    体系学習

  • ステップ3
    テストを受講

  • ステップ4
    振り返り学習

なりたい自分(ゴール)を設定する

目標が常に意識できると、一時的にモチベーションが下がったり、学習方法に迷いが生じたりしても、感情の回復が早くなります。

マインドマップ(またはA4の紙やノート)を用意して、上段になりたい自分(目標)を書きます。

目標は、学習中は常に見えるようにしましょう。

マインドマップのダウンロード先はこちら。

Google広告のシステムの機能を理解する

Google広告のシステムを立ち上げ、可能な範囲ですべての機能に触ってみます。

機能全体イメージを掴みながら、「わかる」機能と、「わからない」機能を理解するためです。

Google広告システムより
Google広告のシステムより

加えて、学習のポイントとなる、重要な機能も把握できます。

Google広告のシステムはこちら。

無料でダウンロード可能です。

チェック

【事前準備】は、ゴールまでの道筋を立てる
・なりたい自分(ゴール)を設定する
・システムの機能を理解し、道筋を立てる

次は学習方法についてです。

【手順2】体系学習

学習は、全体を抑えつつ、詳細を理解していく「体系学習」を実施します。

高速学習のステップ
  • ステップ1
    事前準備
  • ステップ2
    体系学習←今ココ

    全体を抑えつつ、詳細を理解していく

    • 学習する
    • 知識を構造化する
  • ステップ3
    テストを受講
  • ステップ4
    振り返り学習

まずは、Google社が用意している学習ツール「スキルショップ」で目次を確認します。

Google広告スキルショップより
Google広告スキルショップより

Googleのスキルショップはコチラ。

知識を構造化する

マインドマップを用意し、事前に各章の目次をセットしましょう。

目次をあらかじめセットすることで、学習の進捗を把握することができます。

目次を追加したら、学習スタートです。

スキルショップで学習する

スキルショップで学習しながら、マインドマップにメモを取ります。

メモの仕方は、次の通りです。

メモのポイント
  • ロジックツリーを活用し、学びを構造化する
  • わからない箇所や用語は、色を変える
  • わからない用語は、キーワードで、画像検索する
  • 参考になった画像を、マインドマップに貼り付ける

画像検索で、ビジュアルで学ぶことで、理解スピードが速くなります。

知っているところは積極的に省いて、時間節約しましょう。

これで自分のオリジナル資料が完成です。

チェック

【体系学習】は、全体を抑えつつ、詳細を理解していく
・学習全体を把握する
・知識を構造化し理解する

次は、テストの受講についてです。

【手順3】テストを受講

理解度テストを受講します。

高速学習のステップ
  • ステップ1
    事前準備
  • ステップ2
    体系学習
  • ステップ3
    テストを受講←今ココ

    不明点を洗い出す

    • テストを受講する
    • 不明点は、メモっておく
  • ステップ4
    振り返り学習

わからないところを理解する

Google広告スキルショップより
Google広告スキルショップより

テストでは、間違えたところを教えてくれないので、わからない点は、受講しながら全てキャプチャーとっていくことをオススメします。

パソコンよりスマホのようが、キャプチャの取得も、受講もしやすいです。

心構えは、誠実であること

受講の心構えは、「誠実であること」です。

なぜなら、オンライン受験は、不正をしようと思えばできるからです。

不正は、結果として自分のためにも、お客様のためにもなりません。

肩書きが欲しいのではなく、スキルの体得を狙うので、常に自分に誠実に取り組みましょう。

チェック

【テストを受講】は、不明点を洗い出す
・テストを受講する
・不明点は、すべてメモっておく

最後に、振り返り学習です。

【手順4】振り返り学習

理解度テストの受講後、不明だった箇所を振り返り学習をします。

そうすることで、不足している知識を補うことができるからです。

高速学習のステップ
  • ステップ1
    事前準備
  • ステップ2
    体系学習
  • ステップ3
    テストを受講
  • ステップ4
    振り返り学習←今ココ

    不明点を理解する

    • 不明点を調べる、再学習する
    • マインドマップに学びを付け足す

理解できたら、マインドマップに付け足します。

最終的には、オリジナルの学習資料が完成です。

もし、理解度テストに失敗していたら、再度テストに挑んでみましょう。

チェック

【振り返り学習】で、不明点を理解する
・テストを受講する
・不明点は、すべてメモっておく

以上で学習終了となります。

高速で知識を深めるだけではなく、認定資格も取得できるので、一石二鳥です。

【まとめ】Google「ディスプレイ広告」の今後の活用

いかがでしたでしょうか?

個人的良かった点は、アドリビューション分析について学べたことです。

その他の集客や、広告にも応用できるかと思いました。

学習をし始めて、難しいと感じたら、この本を買って読んでみてください。

あと、マインドマップについて、活用の仕方がわからない方は、こちらの本もオススメです。

学習や、アイデアをまとめるときにも役立ちますので、ぜひ使ってみてください。

当社でも過去に、ディスプレイ広告の運用に携わってきました。

今後は、自社で広告運用を実施し、外部の企業と協力しながら、さらに効果的な広告運用ができるように取り組んでいきます。

法人向けサービスはこちら。

習慣化プログラムはこちら。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Market Fit沖縄では、今後も皆様の「成功を実現できる」情報を発信してまいります。

「面白い」または「参考になった」と思った方は、SNSのフォローまたは、記事のシェアをよろしくお願いいたします。

もっと良いコンテンツを作るよう頑張ります!

Google社が提供する『ディスプレイ広告認定資格』今回は、その学習方法📝について徹底解説‼️早い人は約6️⃣時間程度で取得可能❗️☮️マインドマップを活用し、体系的に学ぶ。ディスプレイ広告の資格とスキルを同時に手に入れよう…

Market Fit沖縄合同会社さんの投稿 2020年4月16日木曜日

スポンサーリンク