スポンサーリンク

読んだ本を紹介

読書好きな30代男性のためのページです。

読んだ本を、気ままに紹介していきます♪

年収300万円の悪習慣、年収1000万円の良習慣、年収1億円の人のすごい習慣

【書いてある内容ショボ】

1年前に読んだときはそう思ったが、最近読み返したら、納得できた。

年収も売上も「どう前年比110%を積み上げるか」より「どう今の10倍にできるか」を考える方がうまくいく。

視野が広がるし、そして簡単。

【意外と経営者向きの本】

SIMPLE RULES 「仕事が速い人」はここまでシンプルに考える

シンプルルールとは、あらゆるムダと時間をそぎ落とし、成果を最大化する方法

▼目標のルール作り

①目的を達するために必要な行動か
②構造を網羅しているか
③具体を理解しているか
④リスクを考慮しているか

オススメ度★★★★★

【計画書・企画書・目標作りにオススメ】

【グロースハック完全読本】

著者は、FACEBOOKのプロダクトマネージャー、早く、そして長くプロダクトを成長させる方法がテーマ。

3つのポイント
  • スピード
  • データ分析
  • 顧客に刺さるメッセージ

「プロの人材を集める」など現実では難しい話も含まれる。

プロダクトの成長→自分の成長に、置き換えるなど、視点を切り替えて、自分ゴト化して読むのがオススメ

オススメ度★★★★☆

【視点が変わり、アイデアが浮かぶ本】

スモールカンパニー 本気の経営加速ノート

経営者を目指している人向け

3つのポイント
  • とにかく選択と集中
  • とにかくスピード
  • 短期決戦で勝負回数を増やせ

オススメ度★★★☆☆

【内容は(ブルーオーシャン戦略+ランチェスター戦略)÷2】

Tapスマホで買ってしまう9つの理由

欧米人特有の言い回し表現が理解ムズい。

スマホショッピングで、購買理由になる変数。

9つのポイント
  1. 状況
  2. 場所
  3. 時間
  4. 顕著性
  5. 行動履歴
  6. 混雑度
  7. 社会的関係
  8. 天気
  9. テックミックス

効果測定が可能であることを大前提とした活用で、顧客獲得の最大化をすることができる。

オススメ度★★☆☆☆

右脳思考

著者いわくビジネスはロジカル(左脳思考)へ傾斜しすぎている。

右脳思考 内田和成の思考

結論は、右脳と左脳の両脳を使おうということ。

ロジカルシンキング(左脳)で納得させる。

感情(右脳)で説得する。

両方を刺激することで人を動かす(決断を促す)。

オススメ度★★★☆☆

【左脳思考強めの著者が書いた、右脳思考の本】

ワーク・デザイン これからの〈働き方の設計図〉

これからの働き方について、マクロ経済と、テクノロジーから考察してる。

5つのポイント
  1. 自己実現から貢献欲求へ
  2. パラレルキャリア
  3. 時給100円
  4. 非貨幣経済 表示を縮小
  5. 消費から生産社会へ
スポンサーリンク